<< UFOに誘拐された ガゼル西口 | main | 謝罪 ガゼル西口 >>

スポンサーサイト

  • 2011.10.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ながらく ガゼル西口

ながらくブログの更新が滞っていました。

なんでかというとブログを更新するということを忘却の空へと葬り去っていたからです。


さて、私はトータル7年ぐらいうどん屋で働いていましたが、そのうどん屋に居た中村さんという人の逸話を紹介します。
中村さんはスキンヘッドでまあまあイカツイ顔の上にガタイが良く、金のネックレスを着用し、セカンドバッグを所持するなど、一見ヤクザ風を演出している人でした。


しかし声はよく通る高めのええ声で、趣のあるかけ声を出していました。


そういえばそのええ声を活かして非常に歌がうまく、よくスナックやカラオケ喫茶に出没していたようでした。


仕事中、仕事のことではなくよく歌の指導をしてきてくれました。

僕が熱唱しながら洗い物などをしている時に『いやそこはそうじゃない♪なんたら〜〜〜〜…こういう風にちょっと上がるんや』という風にアドバイスをしてくれ、『じゃあ今のところもう一回』などと言って毎回レッスンが始まったりするのでした。


しかし街のカラオケ大会のエントリーで、自分の歌声を録音したやつを送って、その審査に通った人だけ本戦に出れるというのがあって、中村さんは自信満々に自分の歌声を録音したやつを送っていましたが、見事にその段階で落とされていました。


もちろん僕も落とされました。


その中村さんには、


店には揚げ物をするためのフライヤーというのがあり、180℃以上の油を貯めているところがあるのですが、天ぷらにするカボチャなどが誤ってフライヤーの底に沈んだ際には、“素手で”180℃以上の油の中に手を突っ込み、底に沈んだカボチャを拾い上げたりしていたという逸話があります。


ちなみにフライヤーの深さは70〜80cmあります。


それから中村さんが揚げ物をしている時、例えばするめの天ぷらのことを『する天』といいますが、全然まだ揚(あ)げている最中なのに『はい!する天揚(あ)がったよ〜』とええ声で言うことが日常茶飯事でした。



実に興味深い話です。



スポンサーサイト

  • 2011.10.02 Sunday
  • -
  • 15:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
トータルで見て、中村さん、
これは以前一度UFOに誘拐されてますね。
  • ユートローデ
  • 2011/07/08 8:53 AM
ユートローデさん>>>まさしくそうなんです◎ 中村さんは人間ではなく宇宙人で、UFOで生活している、と店長も言っていましたし、みんなもそう思っていました◎◎
  • マインドファクター西口
  • 2011/07/09 2:22 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM